倦怠期のカップルは観ちゃダメ!?│『花束みたいな恋をした』

MEMO
この記事の画像は、映画『花束みたいな恋をした』公式サイト より引用しています。

こんな映画を見たい人にオススメ!

  • 甘ったるいだけの恋愛映画は求めてない!
  • 酸いも甘いも味わえる恋愛映画を見たいの!
  • 倦怠期の恋人がいて、別れるキッカケになる映画が観たい…

瀬戸やん

瀬戸やん’s レビュー

この映画の評価
キャラクター
(4.0)
ストーリー
(5.0)
男女のすれ違いのリアル
(5.0)
菅田将暉の演技力
(5.0)
観了感
(4.5)
総合評価
(4.5)

★4 キャラクター

この物語を彩ってくれる方たちは演技派俳優のこの二人↓↓

山音麦〈やまねむぎ〉(菅田将暉)
八谷絹〈はちやきぬ〉(有村架純)

終電を逃したことで偶然出会った二人。

嘘みたいに音楽や文学の趣味が合い、瞬く間に恋に落ちていく。

恋愛の絶頂期の大学時代の二人のシーンは

「こんな恋愛がしたい!」と思わせてくれること間違いなしだ。

★5 ストーリー

タイトル「花束みたいな恋を『した』」とあるように、この物語は麦と絹の「過去」の恋愛を描き出す。

物語のプロット(=時系列に捉われない物語内の展開)はこうだ。

お互いに恋人がいる麦と絹が再会-二人の五年間の回想-冒頭の時間軸に回帰


恋に恋して結ばれて終わる王道なラブストーリーと一線を画す点はここにある。

別れるのが決まっている二人。

どんなに恋心が高まっていっても終わりが来るのが分かっている。

それが儚くも美しい。

★5 男女のすれ違いのリアル

仕事・価値観・生活リズム・周囲の人間関係 etc…

音楽や文学の趣味があんなに合っていた二人も、合わないものがたくさんあった。

同棲生活が進むにつれて、「同じ」ものから「違う」ものばかりが目に付くようになる。

すれ違う二人の様子は私たちの胸を締め付ける。

★5 菅田将暉の演技力

有村架純の演技力やAwesome City Clubの音楽など、この物語で特筆すべき点は多々あれど、敢えて菅田将暉の演技力をピックアップさせてもらった。

それが表れているのが麦と絹がカラオケに行くシーンだ。

驚かされたのは、菅田将暉の歌唱力がなんとも「普通」なのだ。

菅田将暉といえば、紅白歌合戦出場も果たした一流ミュージシャンだ。

その菅田が、一般人になりきり「普通」の歌声を披露している。

これから観る人はぜひ、菅田将暉のカラオケシーンに注目してほしい。

★4.5 観了感

※ 観了感…映画を観終わった後の余韻・感動のこと。もちろん辞書に載っていません。

過去の甘く、そして苦い恋愛の回想シーンが終わり現在に回帰した二人。

お互いに恋人がいる状態でばったり遭遇し、特に話を交わすことなく離れていく。

その後の別れ際のシーンが、二人が過去をいい思い出として受け止めて、未来に進んでいることを示していてとても魅力的なのだ。

ぜひ見てほしい。

ただ、見るときのパートナーには気を付けた方がいい。
特に、恋人と観るときにはね。

◆本編予告動画はこちらから↓↓

出典:Youtubeチャンネル シネマトゥデイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。