これは夢か、現実か。│『インセプション』(字幕版)

こんな映画を観たい人にオススメ!

  • ド派手なSFアクション超大作を観たい!
  • 映画は単純明快より複雑怪奇がいい!
  • 一緒に観たパートナーと考察を言い合える映画を求めてる!

瀬戸やん

瀬戸やん’s レビュー

この映画の評価
設定
(5.0)
キャラクター
(4.5)
内容の易しさ
(1.0)
圧倒的映像体験
(5.0)
ラストシーンの考察
(5.0)
総合評価
(4.5)

★5 設定

「お前の脳へ潜入する」「犯罪現場は、お前の頭の中」

こんな攻撃的なキャッチコピーが表す通り、この作品では「対象者の夢の中に潜り込み、アイデアを抜き取る / 植え付ける」任務が課されている。

もう設定だけで面白い。
こんな設定を思いつくクリストファー・ノーラン監督、天才です。

ちなみに、タイトルにもなっている「インセプション」は[情報を植え付けること]、対照的に[情報を抜き取ること]は「エクストラクション」と呼ばれている。

★4.5 キャラクター

設定に負けず劣らず魅力的に映るキャラクターたちを少しだけ紹介しておこう。

ドム・コブ(レオナルド・ディカプリオ)
他人の頭の中に潜り込んで、潜在意識から情報を
「抜き出す」産業スパイ。
とある事件をキッカケに妻を亡くし、自身が国際指名手配
されているために子どもたちにも会えないでいる。
モリー・コブ(マリオン・コティヤール)
亡くなったドムの妻。
現実世界では生きていないのだが、ドムが夢に潜るたびに
文字通り「幻影」として現れ、行く手を阻む。
超おっかない。

他にも、アイデアを植え付けるためにチームを組んだ個性豊かな仲間がいるのだが、それは皆さんの目で確かめてもらいたい。

★1 内容の易しさ

先に言っておこう。この作品はホントに易しくない。

「わーい、コーラとポップコーン片手に観よ~~(◯・▽・◯)」なんて
甘えた態度はこの作品の前には許されない。覚悟をもって観るべし。

★5 圧倒的映像体験

皆さんも経験があるだろう。
現実ではありえないことが眼前で起こり、ハッと目を覚まして夢だと気づく。

眠ることなくそんな体験をできてしまうのがこの映画だ。

#折りたたまれる街
#重力を無視して回る通路
#登り続ける階段

どれか一つでも気になるものがあれば観ることをオススメする。

★5 ラストシーンの考察

この作品の公開は2010年。

公開してから12年が経とうとしている2022年の現在でも、ラストシーンが「夢」なのか「現実」なのか、映画ファンの中で議論が尽きない。

この作品の監督も結末については徹底的に明言を避けている。

「どう捉えるかは、キミたち次第だ」とのメッセージだろうか。

誰かと観た後に、自身の考えを披露しあう。視聴後も楽しませてくれる映画だ。

★4.5 総合評価

時が経っても観客を魅了してやまない映画『インセプション』。
観たら最後。

アナタもきっと「夢中」になってしまう。

◆本編予告動画はこちらから↓↓

出典:Youtubeチャンネル ワーナー ブラザース 公式チャンネル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。