まだ見ていないあなたが羨ましい │ 『ショーシャンクの空に』(字幕版)

こんな映画を見たい人にオススメ!

・不朽の名作が見たい。
・年齢や人種を越えた友情はすばらしい。
・ヒューマンドラマが主食です。

瀬戸やん

瀬戸やん’s レビュー
この映画の評価
キャラクター
(5.0)
映像
(2.0)
友情
(5.0)
伏線回収
(5.0)
視聴後の充足感
(5.0)
総合評価
(5.0)

★5 キャラクター

この物語の主要人物となるのはこの2人。彼らの人物像を見ていこう。

アンディ

妻と間男(=夫のいる女性と肉体関係をもつ男)を殺害した罪でショーシャンク刑務所に入所してきた元銀行副頭取。他の囚人たちとは違った雰囲気をまとい、あまりなれ合わない。ある事件をきっかけにレッドら他の囚人とも打ち解け始め、署長や看守たちにも一目置かれる存在となる。

レッド

長年、ショーシャンク刑務所に収容されており、刑務所内では「調達屋」として他の囚人に便宜を図っている。アンディを仲間として受け入れ、長きの刑務所生活の中で友情を育んでいく。

★2 映像

1994年に制作・上映された作品であるため、美麗なCGやアクションシーンなどは一切ない。
映像美を求めている方には物足りないかも知れないが、それを補って余りある魅力がここにある。

★5 友情

この作品の根幹となるテーマのひとつに「友情」がある。
肌の色・年齢・出自・過ごしてきた環境。どれもが違う2人を軸に起こしていく奇跡とその軌跡。
ぜひその目で確認してみてほしい。

★5 伏線回収

多くを語るとネタバレになってします恐れがある。伏線回収が好き、という人にはたまらないだろう。

★5 視聴後の充足感

これは人によるかも知れない。だが、あえてレビューポイントに加えさせてもらった。
そこに在るのは、涙を流すような感動ではなく、胸をじんわりと温めてくれるような感動だ。
心を満たしてくれるぬくもりだ。
日々の生活に疲れている人。心がなんとなく寂しくなっている人。

この映画があなたを待っている。

★5 総合評価

「あなたの人生を変えた作品は?」

と聞かれたら間違いなくこの作品を挙げるだろう。
実際に、この映画を見てから映画というものにどっぷりハマってしまったのだから。

まだ見ていない人が羨ましい。
これからあんなに感動できるなんて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。